こだわり

こだわり

デザイン・設計について

デザイン・設計

家族のこと、好きなもの、ゆずれないこと、全部教えてください。

デザイン・設計

人の見た目や性格が違うように、お家もデザイン・間取りなどで個性がでます。まずはご要望を全て私たちにぶつけてみて下さい。言葉で伝えるのは難しいな、という方にはスクラップブックを作る方法がおすすめです。雑誌、広告、ホームページで見つけたお気に入りのデザイン・設備機器・工法の写真をノートに貼って、同時にその時感じた疑問なども書いておくと打合せの時に役に立ちます。
ひと通りご要望をお聞きした後、構造・使いやすさ・デザイン・コスト、いろいろな視点からお客様にとって最適なプランをお出しします。 
弊社では間取りの説明時に、「間取り図」「パース」「3D―CAD」などでご説明します。「パース」や「3D―CAD」をお見せする事で立体的にイメージしやすくなります。

構造・工法について

ふくかぜの家では在来工法(木造軸組工法)を標準仕様として採用しています。

  • メリット

    • ・実績のある工法のため安心感がある。(現在、国内で新築される住宅の7~8割がこの工法です)
    • ・設計の自由度が高い。
    • ・将来的に間取りの変更などに対応しやすい。
  • デメリット

    • ・現場で作り上げていくため、品質は職人の腕に左右される。
こだわり

弊社では設計部門と工事管理部門のスタッフが、情報を共有しながら進めていくようにしています。
現場での工事を熟知した設計部門のスタッフが、無理のない適切な設計をし、その設計をもとに、工事管理部門のスタッフが職人さん(大工さんなど)に適切なタイミングで打合せを行います。工事中はお客様にも現場を見て頂きながら打合せも出来ますので、ぜひ品質の確かさを確認して下さい。

素材について

住んでみないとわからない“心地よさ”と“快適さ”は素材がカギ。

こだわり

お客様のご要望やご予算を加味しながらも、家族の健康と毎日の暮らし、そして20~30年後の家屋の状況を想定して、最低でも維持したい建材の品質基準があります。
私たちは、断熱材デコスファイバーの標準採用や国産木材の使用にはじまり、できるだけ人間と同じように呼吸する材料をご提供したいと考えています。住んでみてから初めてわかる、心地よさや快適さを、住む前から考えていただけるようにすることも私たちの仕事だと考えています。
以下、住宅で使われる素材の代表的なものをご紹介します。
大量生産出来る建材はコスト的には安いですが、デザイン性に欠けるのが特徴です。一方、自然素材は全般的にコストが高く、品質的には安定していませんが、全く同じものがなくデザイン性が高いのが魅力です。施工もメンテナンスも大変なものが多いですが、それが家への愛着に代わっていくのだと思います。

桧(ヒノキ)

桧(ヒノキ)

耐久性が高くシロアリ被害を受けにくいため、通し柱や土台などの重要な場所に使われます。

杉(スギ)

杉(スギ)

日本の代表的な樹木。コスト面から建築材料として最も多く使われる材料で、管柱や下地材などで使用します。

外装・内装

  • 粘土瓦

    コストは高いもののデザイン性が高いのが特徴。耐用年数は約50~60年で、屋根が重いと地震に対しては不利になるため、構造部分(軸組)のコストは高めになります。

  • 窯業サイディング

    コストは高いものの意匠性が高い材料。耐用年数は表面塗装によって差があり、約10~30年です。(目地部分のコーキング(シーリング)は約5~10年。)コーキングまで考慮すると10年に一度のメンテナンスが望ましいです。

  • カラーGL鋼板

    屋根や外壁に使用し、見た目はシンプル。外装材の中ではコストを抑えられる材料です。耐用年数は約20~30年。軽いため屋根に使用しても、少ない補強で耐震性を保つことができます。

  • Low-Eガラス

    特殊な金属膜をコーティングしたガラス。夏は太陽熱を適度に遮蔽し、冬は室内の熱を逃がしません。

  • ビニールクロス

    内装に最も使用され、コストが安く、デザインが豊富。汚れも落としやすいのが特徴。シックハウス対策がされ、一般的には健康被害は発生しませんが、化学物質過敏症などの場合は注意が必要なのでご相談ください。

  • 珪藻土

    吸放湿性のある材料。湿度を調整できるため、ダニやカビの発生を抑える事ができます。コストは高いのですが、施工方法によって様々なパターンを表現することができます。湿式の工法なので施工には日数がかかります。

  • 複合フローリング、建材建具

    コストが安く、一定の品質を確保できます。ほぼ伸縮しないため、床に隙間が出来ることはありません。床材の色によっては傷が目立ったり、無垢材に比べ肌触りが冷たく感じたりすることもあります。

  • 無垢フローリング、造作建具(無垢材仕様)

    コストは高いですが、意匠性には優れ、肌ざわりが良く温かいのが魅力。保護塗料として自然塗料を採用すれば化学物質を使わなくてすみ、経年劣化や傷なども味として楽しめます。乾燥状態による伸縮で隙間が出来たり、そりが発生することもあります。

断熱材について

「断熱材が重要なわけ」ページをご参照ください。
pagetop