注文住宅の平均価格はどれくらい?

新築 注文住宅

夢いっぱいの住宅建築の計画ですが、お金がいくらかかるかという大きな心配ごとがあります。

家づくりには一体どれくらいかかるのか?

高い設備を入れて、高級な外壁を使って・・・立派な門や塀をつくる…という形を取ると、どんどん高くなる一方、可能な限り無駄を省いて、シンプルな作りにしていくことで、コスト削減の住宅を建てることもできます。

そこで世の中の人がどれくらい家づくりにお金をかけているのかを見てみましょう。

国土交通省がデータ化してくれています。以下の一覧表です。

木造住宅の場合は、例えば弊社のある福井県は16.9万円の㎡単価です。

坪単価に直すと55.77円/坪ということになります。

同じ北陸の石川県は58.41万円/坪、富山県は59.4万円/坪、を建物の坪数にかけると建物平均金額が出ます。

福井県で言うと、40坪の建物で2230万円が平均ということになります。

国土交通省の平成28年のデータですので、令和3年の現在も、そう大きな変化はないと思いますが。ただし、業界では木材や木材関連製品が品薄のために、軒並み大幅アップしていて、金額が高くなるだけならまだしも、「木材が手に入らない」の2021年春から初夏の状態です。

コロナ対策の経済緩和措置の影響で、アメリカと中国の建築需要が爆発的に増加し、輸入材木が全部そちらに流れていっている形なのだそうです。

それが恒常化すると、住宅の平均価格も押し上げられていく可能性もあります。

プロフィール

プロフィール

ふくかぜの家

越前市にある、創業23年の工務店。

設計・施工の確実性には定評があり、自信と実績もあるものの、宣伝は不得意。

私たちは、規模の大きな住宅会社さんにはできない一つ一つのご家族の痒いところに手が届く丁寧な家づくりを心がけます。
どんな相談も気軽にしていただくことで「理想の住まい」を実現することに全力を尽くします。

2020年から住宅建築に関する様々な情報提供を行うことにも力を入れています。

instagram

カテゴリ一覧

pagetop