2018.05.01

鬼門ってこわいの?

答え:こわくないです。

 

風水や家相ではよく耳にする言葉が「鬼門」だと思います。トイレや水廻りを配置すると良くない、などの話はよく聞きます。なんとなくこわいな、という事で気にする方も多いようです。きちんと知れば怖がる必要はありませんので、まずは一般的な情報をまとめてみます。

そもそも鬼門とは
・鬼門とは、北東の方角です。
・昔風に言うと、丑寅(うしとら)の方角です

鬼門がよくないとされる理由
1、古代中国において、北東は異民族が攻めてくる方角だったから。
2、北東の角は日当たりが悪く、家にも人にも良くない。

この2点がよく言われている事です。基本的には昔の考え方なのですが、念のためひとつずつ恐れる理由がないか検証してみましょう。

 

1、ちなみに古代の日本でも北東は敵(蝦夷)がいる方角でした。現在の日本では北東から攻められる事はないと思います。

2、日当たりが悪いのは今も昔も変わりません。まず、「湿りがちで家が傷む」という部分は、現代のお家では換気設備や通気工法などで解決済みです。「寒いので健康に良くない」部分も断熱という技術で解決しています。

鬼門を恐れる理由がない事が分かっていただけたかでしょうか。

ちなみに、お釈迦様は、「東西南北という概念自体が無意味である」とおっしゃっているそうです。仏教的には方角に意味などない、という事です。仏教を信じている方は、鬼門の事で悩む必要はなさそうです。

現代の家相や風水は、「環境学」「心理学」「民間信仰」「占い」などが複雑にからまって出来ているような印象です。あまり深く気にせずに付き合っていけばいいと思います。
家とは、住む人の想いをかたちにするものです。あふれる情報に惑わされずに、住みやすい家をつくっていきましょう。

プロフィール

プロフィール

ふくかぜの家


家は住む人とともに時を重ね、
受け継いでゆくものです。
優れた性能と快適さ、
住み心地、そして
建てたあとの
アフターフォロー。
私たちは “3つの安心”を軸に、
ご家族の暮らしと気持ちに
寄り添う家づくりに
全力を注いでいます。
小さなこだわりや疑問、
想いやイメージを
全て私たちにぶつけてください。
とことん真面目に、
とことんこだわって、
あなたとあなたの家族の夢を
必ず実現いたします。

instagram

カテゴリ一覧

pagetop